肌の水分量をあげる方法

エストロゲン不足になりやすい生活習慣とは?

お肌の若さをキープしたいためには、女性ホルモンであるエストロゲンが大きく影響してくるのです。

 

エストロゲンとは、卵巣から分泌される女性ホルモンで、コラーゲンや肌水分を保つ作用があるのです。

 

女性にとっては、なくてはならない重要な役割をしていることがわかります。

 

 

エストロゲンは40代頃から一気に低下するそうです。そのため、ホルモンバランスが崩れる事から肌の調子も悪くなり、体調や精神的にも影響が起こる事もあるそうです。

 

そこで、エストロゲン不足になりやすい生活習慣とは、一番に規則正しい生活ができていないということです。

 

お肌が再生、回復されている大切な睡眠時間が取れず、ホルモンバランスが乱れてしまっているのです。しっかりと睡眠時間を取る様にしましょう。

 

そして、食事ですが、栄養が偏った食生活を続けていたり、無理なダイエットをすることは止めましょう。

 

太りすぎや痩せすぎにも要注意なので、基準の体重を維持できるように心掛けていきましょう。大豆イソフラボンや納豆、きのこなどが食材としておすすめできます。

 

適度な運動を日常的に行うことで卵巣機能を高めることができ、エストロゲン不足を防ぐ事ができるそうです。

 

また、体温を上げることは自律神経を整える作用や、不眠の解消もあるのです。

 

ランニングなど外に出るだけの運動ではなく、スクワットやストレッチなど自分に合った程度な運動をしながら、いつまでもキレイで若々しいお肌のキープをしていきましょう。