若さを保つ女性ホルモン「エストロゲン」をキープするには?

若さを保つ女性ホルモン「エストロゲン」をキープするには?

いつまでも若さを保ちたい、美肌をキープしたいなど、女性として永遠に思い続ける気持ちではないでしょうか。

 

ですが、お肌は年齢と共に老化してしまうものなのです。

 

これは、ヒトとして誰にでも起こることでもあります。

 

 

しかし、これをそのままにしておけば、シミやシワなども増え、老化は悪化していくでしょう。ここで、しっかりケアをしておけば、お肌への影響に大きな差がハッキリと現れてきます。

 

化粧水やクリームなどの外面的なケアも大切ですが、内面からのエイジングケアをすることで健康な身体を作り、キレイなお肌を保っていきましょう。

 

お肌の若さに必要なホルモンには、女性ホルモンのエストロゲンがあります。

 

エストロゲンには、コラーゲンを増やしたり、肌の水分を整えたりする作用があるので、お肌にはとても重要な役割をしてくれているのです。

 

しかし、エストロゲンは卵巣からホルモンが分泌されているため、20代頃が分泌量のピークとなり、30代後半から徐々に少なくなり始めるそうです。

 

40代頃になると一気に減ってしまうことがあるので注意しましょう。

 

では、エストロゲンを減らさずキープしていくには、どのような事をすれば良いのかというと、エストロゲンの様な働きをすると注目されている食物の大豆イソフラボンや抗酸化作用のある物質を取る様に心掛けましょう。

 

また、無理なダイエットをすることは止めましょう。栄養バランスの取れた食事をする事で、ホルモンの分泌もあるのです。

 

そこで、無理な事をしてしまうと無月経や無排卵などを起こしてしまうこともあるかもしれません。若い女性が無理にダイエットをしてしまい、月経が止まってしまい肌や体の老化に悩まされてしまう方も多いそうです。

 

規則正しい生活習慣をし、食事や睡眠、適度な運動など、自分のライフスタイルに合わせながら行ってみましょう。