抗酸化力のある成分:カロテノイドについて

抗酸化力のある成分:カロテノイドについて

ヒトは年を取ると共に、老化も進んでしまうものです。

 

体への健康面だけではなく、精神面でや肌などにも影響が出てくるでしょう。

 

体内の酸素が他の分子と結びつき、高い酸化力を持つ活性酸素となってしまうのです。

 

 

活性酸素は、どんどん作られているものです。そこで、活性酸素の働きを止めるために必要な抗酸化物質の作用であり、抗酸化力なのです。

 

活性酸素を増やさないためには、抗酸化作用のある野菜や果物などの食べ物があるそうです。

 

その中でも、カロテノイドはカロテンとも呼ばれ、人参のβーかカロチンやほうれん草のルテイン、トマトのリコピン、アスタキサンチンの鮭やイクラなどに多く含まれているそうです。

 

カロテノイドを使った簡単レシピとしては、イクラとオクラの納豆和えがおすすめできます。

 

それぞれの食材には、とても高い栄養素が含まれているので、抗酸化力には文句なしの1品になるでしょう。

 

納豆1パックに対し、オクラを8本とイクラの醤油漬けを大さじ3入れます。納豆が全体をまとめてくれるので、しっかりかき混ぜて糸を引かせましょう。

 

ご飯にも、お酒にも良く合うおかずになるでしょう。

 

このように身近にある食べ物から、抗酸化作用のある食品を摂取する事は簡単にできるのです。

 

普段から野菜や果物など食べていれば、抗酸化力が不足する事はないと言えるでしょう。

 

バランスの良い食事をとりながら、抗酸化力を身につけ、老化防止をしながら健康的な体を作っていきましょう。