更年期を迎えても見た目年齢を若く保つ秘訣

更年期を迎えても見た目年齢を若く保つ秘訣

誰にでもいずれはやってくる更年期ですが、閉経前後の5年間や45〜55才くらいの間のことを更年期と言うそうです。

 

更年期になると、女性ホルモンが急激に減少するため、不眠や腰痛、肩こり、動悸などの体への症状と、イライラや不安、鬱などの精神的な症状などの更年期障害に悩まされる方も多くいるそうです。

 

そこで、更年期と肌荒れには深い関わりがあるそうです。更年期の肌荒れはホルモンバランスの乱れが大きな原因になっているのです。

 

とくに閉経と同時に新陳代謝が低下したり、お肌の乾燥やかゆみ、くすみなどトラブルが多く起きてしまうそうです。

 

何となく肌表面に起こるトラブルに、気持ちも落ち込んでしまいそうです。

 

更年期を迎えても見た目年齢を若く、キレイな肌を保つ秘訣としては、外面的に美容液やクリームなどでのスキンケアも大切ですが、内面的に健康であることや、ホルモンバランスを整えてターンオーバーのバランスを元に戻すといった改善方法があるそうです。

 

ホルモンバランスを整えるには、プラセンタという哺乳類の胎盤から摘出されるエキスに効果があるそうです。

 

医療用として開発されたものですが、今では美容効果があると雑誌などで話題となり注目されています。

 

また、規則正しい生活習慣を続けてみましょう。

 

バランスの良い食事、しっかり睡眠を取る、適度な運動など自分に合ったライフプランを見直してみて、無理のない日常生活から、いつまでも若々しい美肌をキープして行きましょう。
また、エイジングケアに効果的なスキンケアも取り入れてみてください。40代のエイジングケアのポイントに水谷雅子さんや山田佳子さんなどの美魔女が愛用しているスキンケア化粧品が紹介されています。