肌年齢を若く保つ女性ホルモン「エストロゲン」の働き

肌年齢を若く保つ女性ホルモン「エストロゲン」の働き

いつまでもキレイで若々しい肌でいたい気持ちは、女性として皆さん同じ思いがあるのではないでしょうか。

 

お肌の老化は、年齢を重ねると共に誰にでも起こることなのです。

 

しかし、それをそのままにしておくか、それともしっかりケアするかによって差が現れ、お肌への影響も大きいでしょう。

 

お肌のケアは外側からする考えの方がまだまだ多く、化粧水やクリームなど、高価なものを使えばスキンケアはできる方がほとんどだそうです。

 

しかし、それは一時的なものであり、美肌に必要なケアをするためには内面からのエイジングケアが必要となってくるのです。

 

その中でも、女性ホルモン(エストロゲン)にはツヤやハリ、潤いのある肌をキープするために絶対必要となってきます。

 

卵巣から分泌されるエストロゲンは、肌の弾力性を保つコラーゲンを増やし、肌水分を保つ作用があります。

 

このエストロゲンは、妊娠や出産の時に多く必要とされるホルモンでもあります。そのため、20歳頃の分泌量が最も多く、30歳後半頃から少しずつ減りはじめ、40歳になると一気に減少してしまうそうです。

 

少しでもエストロゲンの減少を防ぐためのポイントとしては、毎日規則正しい生活をして、睡眠をしっかり取ることだそうです。

 

睡眠不足は自律神経やホルモン分泌バランスの乱れが出てしまうことが多いそうなので注意しましょう。

 

また、食生活では無理なダイエットなどはせずに、バランスの良い食事をするように心がけて行きましょう。

 

体型も、太り過ぎ痩せすぎではなく、基準的な体型を維持できる様にしてみましょう。